家族葬とはどのようなものなのか
家族葬が選ばれる理由

家族葬とはどのようなものなのか

家族葬という言葉は聞いたことがある人も多いでしょうが、詳しくは知らないという人も多いでしょう。まずは家族葬とはどのようなものなのか、どのような流れで行うのかを知っておく必要があります。詳しく知っておかなければ、普通のお葬式との違いも分かりませんし、どのようなメリットやデメリットがあるのかも把握することができないので、選択のしようがありません。家族葬というのは、簡単に言えば一般的なお葬式よりも小規模に行うものを指します。小規模とは言っても、友人や会社の同僚などだけで行うわけではありません。

家族という名前が付けられていることでもわかるように、家族だけ、もしくは親戚を中心に行います。昔は親戚だけでもかなりの人数になりましたが、現在では少子化になっているため、親戚一同が揃っても、かなり人数が少なくなっています。故人の友人や知人などは一切呼ばない場合もあります。参列する人が少なくなっているので、その分必要な経費などを大幅に削減できるというメリットがあります。ただでさえお葬式というのは、大切な人が亡くなっているので、他のことまで考える余裕がないという人も多いでしょう。

だからこそ家族など身近な人たちだけでお葬式を行うのはおすすめです。そうすれば面倒な電話などもする必要はありませんし、近年では親戚でも連絡先を知らない、会ったことがないという人もいるので、普通にお葬式を行おうとした場合でも、知らないうちに家族葬になっていることもあります。通常は2日間かけて通夜と告別式を分けて行うのが一般的なのですが、最近では1日にまとめてしまうこともあります。他にも火葬だけ行うプランを設けている業者もあるので、そうすれば相当費用を抑えることができるでしょう。故人が残された人に負担をかけないように、火葬だけを希望することもあります。

業者によっていろいろなプランを設けていることがありますが、火葬のみのプランであってもお坊さんを呼ぶこともできますし、呼ばないで行うことも可能です。告別式と通夜はしっかりと行い、参加人数だけを絞りたい場合にも、人数に合わせて複数のプランが用意されていることが多いです。どのようなプランにするべきか迷っている場合には、業者に相談をするべきです。よい業者であれば、親身になって相談に乗ってくれるはずです。そうすれば安心して任せることができるので、こちらでいろいろと神経を使わないで済みます。

お知らせ

【2018年11月09日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る