家族葬とはどのようなものなのか
家族葬が選ばれる理由

ある程度大人数で行う家族葬

通常家族葬は少人数で行うのが一般的です。しかし、家族がたくさんいればその分親戚も多くなるので、友人や知人は呼ばないけれど、親戚一同は全員呼びたいという人もいるでしょう。このような場合には、できれば30名ぐらいまでに抑えておくと料金が安くなります。逆に30名を超えてしまうと、一般のお葬式と同じ扱いになってしまうことが多く、かなり料金も高くなってしまうでしょう。それでもよいなら問題はありません。

家族葬は費用があまりかからない点にもメリットがあるので、家族だけではなく親戚を呼ぶ場合であっても、あまり大人数にしない方がよいでしょう。親戚が多いという人は、故人の兄弟や子供、さらにいとこぐらいまでに留めておくべきです。そうすれば30名を超えることはあまりありません。お葬式は一般的な場合と同じように、2日間行う場合が多くなっています。

通夜と告別式を行い、火葬までしっかりと行うことが多いです。しかし業者によってはいろいろなプランを設けているので、1日にまとめてしまうこともできますし、通夜と告別式を分けないで、一緒にやってしまうことが可能なプランを設けている業者もあります。そうすれば人数を増やしたとしてもある程度お葬式代を減らすことができます。

ページの先頭へ戻る