家族葬とはどのようなものなのか
家族葬が選ばれる理由

火葬だけの家族葬を行う人もいる

家族葬にもいろいろな方法がありますが、告別式や通夜を省いた火葬式を選択する人も近年では多くなっています。生前に告別式や通夜は行わないと決める人もいますし、故人の遺言で行わないケースもあります。もちろん一般的な家族葬よりも料金は安くて済むので、残された人の負担も少なくて済むでしょう。このような場合には、家族葬でも配偶者のみで行うことが多くなっています。

なぜなら火葬だけを行うのに、親戚や友人、知人を呼ぶ必要がないからです。業者の中には、このように火葬のみのプランを設けていることも多いです。その理由は、火葬だけを希望する顧客が増えているからだと言えます。もちろん火葬だけの場合には、その日のうちに全て終えてしまうので、経済的な負担だけではなく、肉体的、精神的な負担も少なくて済みます。

このようなメリットがあるからこそ、火葬だけのお葬式を希望する人が多いです。そんな火葬のみのお葬式であっても、お坊さんは呼んでおきたいと考える人もいますし、お坊さんも呼ぶ必要がないと考える人もいます。最近は無宗教の人も増えています。そのため、お坊さんを呼ぶ必要がないと思う人が多くなり、気を使う必要が無ないこともお坊さんを呼ばない人が増えている理由です。

ページの先頭へ戻る