家族葬とはどのようなものなのか
家族葬が選ばれる理由

僅かな人数で行う家族葬

家族葬を行う場合、故人の配偶者だけで行う場合もあれば、親戚を呼んで行う場合もあります。しかし、最近は昔のように親戚付き合いをする人も少なくなっているので、故人の夫、もしくは妻とその子供たちだけで行うことも多いです。このような場合には、2日間に分けて通夜と告別式を行うケースは少なく、1日にまとめてしまう場合が多くなっています。

このようなお葬式を1日葬と呼びます。1日葬にはいろいろなメリットがありますが、やはり料金をかなり節約できる点が最大のメリットだと言えます。香典をもらうことができなくなるというデメリットもありますが、かなり大きな金額を減らせることから、1日葬の方がお得な場合が多いです。業者によって若干内容が異なるので、料金も違ってきます。

まずは信頼できて親身に相談に応じてくれる業者であることが重要です。そのため情報収集を行ったら、いろいろと相談してみましょう。このときに面倒な顔をする場合や、いやそうな態度が目立つような場合には、別の業者に依頼をします。料金の比較や自分に適したプランが存在している業者を選ぶ必要もあるでしょう。家族葬であってもやるべきことはしっかりと行った方がいいです。

ページの先頭へ戻る